私とたぶん3番目くらいに熱かった夏
――『ファイナルソルジャー』論





  私の場合「ものぐさ」というか……年齢的なものがあるのかもしれませんが!? あんまりアレコレ覚えることが多いゲームは得意ではないのです。どちらかというと シンプルで、小難しいこと考えないでプレイできるゲームの方が好きで……。

 割合、昔のゲームが好きだというのは、そういう理由があるのかもしれません。シンプルだけど、奥深い。プレイヤーの工夫によってどうにでもなる。なんていうと 大げさかもしれませんが、そんな感じがして、時々引っ張り出してプレイしてみる。そうすると、その頃とは違った印象を得られるから、またはまってしまう。いい感じです。


 今回ご紹介する『ファイナルソルジャー』も、2009年に突然プレイして、「あ、こりゃ面白いや」と思ったものの、きちんと腰を入れてレビューしているサイトが「ない」 んですよね(あえて断言しますが……「ない」ですね。少なくとも、この記事を書いている時点では)。

 誰も書かないのなら私が書く。久々にそんな気持ちになったので、色々なことを書いてみたいと思います。


 1.ストーリー

 一応タイトルに『ソルジャー』とつくのですが、一連の『スターソルジャー』シリーズとは関係ありません。今なら商業上の都合で『ソルジャー』と入れたのかな、と 想像もつくのですが(『沈黙の○○』シリーズみたいな)、当時は小学生だったので、どうやったら『スターソルジャー』の世界とリンクするんだ!? と頭を悩ませたものです。

 じゃあ今回の敵は何者なのかというと、なんと25世紀の未来人が送り込んだ生物兵器。もっと具体的に言うと、未来の超軍事大国が過去にそういう超兵器を送り込んで 根本的な部分から世界征服をしてやろうという、それはスカイネットですか? とでも言いたくなるような展開なのです。

 ともかくそんな感じですでに20世紀の世界は完全制圧、23世紀の世界も絶望的な状況に追い込まれつつあるものの、各国の秘密技術を結集して、さらに時空を超える装置も組み込んだ スーパー戦闘機『零式ドライアード』を開発、緊急発進と相成ったのでございます。

 というわけで、どれがいつの時代なのかはっきりわかりませんが、時空を越えて悪の軍団を殲滅させましょう。大体50分くらいはかかります。

 2.『零式ドライアード』武装詳細

 乗員は1名です。パイロットの詳細な情報はわからないので、各自の脳内で好き勝手に補完しましょう。

 ……いや、いきなりどうでもいい話題から切り出して恐縮ですが、本作でも4種類の武装の中からひとつを選んで進みます。そして武器の切り替えは、時々出てくる アイテムを取ることにより変化させることが出来ますが、パワーアップは同じ種類のものでなければできません。

 そうそう。このゲームは初期状態からわずか2つのアイテムを取るだけで最強状態になります。しかも被弾、または体当たりを食らっても1段階だけしか下がらず、 もちろんすぐにアイテムを取ればまた最強段階になるという、非常にイージーな仕様となっています。

 4種類のパワーアップは、色で分けると「赤」「橙」「青」「緑」といった具合になります。なお「赤」以外の武装はゲーム開始前に3種類の中から選ぶことが出来ます。

 「赤」は毎度おなじみ多方向バルカンショットです。連射パッドがあればこれが最強かも!? どんな場面でもそこそこ進めるので、まずはこの武装でクリアを目指しましょう。

 「橙」はファイヤー系。目の前にブオオーと巨大な火炎(射程は短い)を振り回すもの、棒状のものを前方に飛ばすもの、少し先に飛んでそこで爆発してしばらく残るものの 3種類がありますが、見た目の派手さの割にあんまり威力がないのが難点。今回は3番目のものを使ってみたのですが、1面のボスの細かい弾のラッシュにも押し切られるので、 あんまり使えない気がします……。

 「青」はレーザー系。『雷電』のそれを想像するようなごんぶとレーザー、『達人』の緑のやつそっくりな細切れレーザー、そして後に『ラジルギ』でも採用されたぶくぶくあぶく レーザー(というか泡そのもの)のどれかを選択することになりますが、これまた見た目の派手さに反して貫通力・威力はあんまりありません。

 今回は真正面に飛んでいく図太いレーザーを試してみたのですが、はっきり言って『巨大な通常弾』のようなもので、硬い敵に打ち込んでも貫通せずにすぐに消えてしまうので、 これなら1発あたりの大きさが小さくて連射がきく達人ビームの方がいいんじゃないの、ということになりました。

 「緑」はエネルギー弾。前後斜め方向に飛んでいくもの、真正面に大きなわっか(最強段階では真後ろに小さなわっかも)を飛ばすもの、小さなわっかが楕円状にくるくる 回りながら真正面に飛んで行くもの……と、まあそんな感じです。

 これまで紹介してきたシリーズが散々だったのに対して、これはかなり使えます(2番目のやつが)。威力絶大、とは言いませんがそれでも「赤」よりは威力がありますし、連射もちゃんと効くので、 硬い敵に打ち込めば確実に高速撃破することが可能です。

さらにレバーを入れた方向に若干ながら発射方向を傾けることが出来るので、ちょっとがんばればこれ一本でクリア することもできるかもしれません。特殊武器の中では一番のオススメです。

 これがメイン武装で、あとはここにサブ武装がつきます。

 ミサイルは3種類あって、まっすぐ高速で飛んでいくものとゆっくり追尾してくれるもの、さらに真後ろに飛んでいくものがあるのですが、とりあえず私はホーミング型で いつもプレイしています。ミサイルのパワーアップはないので、ゆるゆる、ひょろひょろとした速度で飛んでいくのですが、つけていて損するものではないのでね。

 そしてこの他に『オプション』をふたつまで、つけることが出来ます。これは普段は申し訳程度に通常弾を撃つだけですが、Iボタンを押すと渦上の爆発を発生させ、敵弾を すべて消し、画面中の敵にダメージを与えることが出来ます。ただし無敵になるわけではないので、ボス敵とかに近づきすぎるときっちりダメージを受けます。

 3.総合的なことについて

 基本的に『激しい弾幕を避けつつ』云々カンヌンと言うゲームではなく爽快感最重視のコンセプトなので、あんまり難しいところはありません。あえて言えば終盤のザコ ラッシュとかがちょっとつらいかもしれませんが、それでも連射パッドがあれば十分に蹴散らすことが出来るでしょう。

  そういえばこの記事を書こうと思って、wikipediaを見たら、これまた外注なんですね。なんだかハドソンがトヨタのように見えてきました。きっと『桃鉄』とかに かかりきりだったのでしょうね。

 一応、基本的な部分(バルカン最強、とか)は抑えられていますし、まあ爆発音がちょっと重くなって、それがややマイナス……という気持ちはありますが、大体いい感じです。 今回改めてプレイして、そんな風に感じました。色々な武器を使うことにこだわったので、さすがにノーミスクリアとは行きませんでしたが、それでも何とかノーコンティニュー クリアは達成できましたしね。

 あとは、せっかく武装がたくさんあるのだから、もうちょっと攻撃力をアップさせてほしかったなという気持ちもあります。レーザーならザコ敵貫通、硬い敵も貫通 しながらバリバリとダメージを与える! とか、ファイヤーなら接近して撃ち込むことで超威力! とか。

 そんなこんなで、個人的な思い入れもあって? 『スーパースターソルジャー』『ガンヘッド』に次ぐ3番目のタイトルではありますが、それでも大好きなタイトルには 変わりなく、思い入れもたっぷりあります。『おまけの』2分モード、5分モードもかなり熱くなりましたしね(あの、ボスが吐き出してくる赤い機雷をいかに大量に つぶすかで)。

 あとは、コレは今回改めてプレイした感想なんですが、中盤、特に5面あたりの音楽がすごくカッコイイなあと思いました。なんと言うか、6〜7割くらい押されてる 戦況の中で逆転をねらってがんばる、みたいな雰囲気で。

 というわけで、今ならバーチャルコンソールとかでもプレイできますし、機会があったらぜひどうぞ。以上、久々に最後まで一気に書ききることが出来たレビューでした(笑)。

 


他のPCエンジンのゲームについて見る 

それよりもっと戻る 

inserted by FC2 system